接客業として

風俗サービスは、周知のとおり限られた時間の中とはいえ、その時間の中でほぼ1人のお客さんとだいたいマンツーマンで接するお仕事です。つまり、長時間お客さんと接する接客業でもあるわけです。つまり、接客態度も丁寧な対応が求められ、おもてなしを行う心でサービスを提供することが求められる業界でもあるのです。
お店によっては最低限の接客スキルを教育するところもあります。それは、近年の風俗業界同士の競争が激化したことも手伝って、より自分のお店に集客を求めるために、サービスレベルを向上させて接客のよいお店という特徴を売りにするという意図が含まれています。
そのため、風俗求人でもそうしたサービス重視であるということを記していることもあり、風俗求人に研修ありと記されている場合は実際のプレイテクニックから接客態度の教育までを行ってくれるところもあります。
風俗では、だいたいどのようなカテゴリーでもコースが時間ごとに設定され、60分から90分、120分や180分などのコースがあるのが一般的です。つまり、たいていの場合はそれらの時間お客さんとずっと対峙して心づくしのサービスを行うわけです。そのため、その時間にはお客さんを不快な気持ちにさせたり、や失礼を働いたりすることのないように心がけることも大切となります。
こうした理由や、そのコース内でたっぷりとサービスを行うために、風俗求人において研修がある旨を表記していることもあります。基本的には人と接するお仕事であり、今までもそれは変わらなかったわけですが、近年は研修に接客の心得を盛り込むなどよりサービスのレベルを上げるための努力もなされているのです。
風俗求人に応募する方としては、人と接することが好きなら応募資格はあると考えてよいでしょう。もし風俗求人に応募する時点でそういったことが苦手であっても、業務についたり研修を受けたりしている過程でそのスキルは向上させることができます。