人が好きなら

風俗業は再三言うようにサービス業の一環です。風俗業界で働くためには基本的に明るくてコミュニケーション能力が高ければ有利ですが、もちろん風俗求人に応募してそれから仕事を積み重ねていくにつれてコミュニケーションも接客スキルも向上させることができます。
その点に関しては、性的テクニックや基本的な業務を覚えていく過程で徐々に身につければOKです。風俗業で働くには、必ずしも風俗求人に応募する前から接客を経験していたり、にこやかなコミュニケーションが完璧にできていたりする必要はないのです。逆にガチガチに高尚なスキルを持ってしまっていると、プライベートな時間であるプレイタイムに余計緊張させてしまうことになります。
風俗求人を見て、しっかりした内容ならその時点で接客やコミュニケーションに自信がなくても、入店してからいろいろと指導してもらえることもあるのです。
風俗でお客さんとなる男性には、ときに恋人のように、ときに妹や姉などのようになど、身近な存在の女性として接するのがプレイをより楽しくするポイントです。そのため、接客スキルを上げすぎてよそよそしくなってしまっては意味がありません。
風俗求人に応募し、そこから研修を受けて実戦に臨むことによって、きっとお客さんと接するときにベストな距離と失礼のない態度のさじ加減が見えてくるはずです。それはきっと経験でしか身につかないことで、風俗求人以外の接客業とは異なる距離感でお仕事をすることは確かなのです。
コースの時間だけでも、その男性に一番近い女性になれれば、基本的にはOKです。